シラバス参照

講義名 日本経済論I 
英文科目名 Japanese Economy I 
科目ナンバー JK0EXP3238,GQ0EXP3218 
担当者

南川 高範

科目群 専門科目 
対象学年 3年 
単位数
開講期間 前期 
曜日・時限・教室 前期 金曜日 4講時 多目的ホール(新札幌)



授業のねらい
本講義を受講する意義は、日本経済を客観的に理解できるということである。この目的のために、この講義がとるのは、いま日本の経済が抱える課題を理解したうえで、その現状に至る経緯を戦後復興経済までさかのぼり理解するという方法である。 特に平成不況やアベノミクスなど最近の出来事は、学生の記憶に新しい内容であり、そこに至る経緯という形で歴史をさかのぼるという方法を取る。歴史的経緯を重視して日本経済を理解することがこの講義を受講する意義である。 
履修者が到達すべき目標
・日本経済が抱える課題について理解すること。
・日本経済の歴史をブロックごとに整理し、その特徴を理解すること。
・日本のマクロ経済政策について理解すること。 
授業の進め方
学修上の助言
【授業の進め方】
授業は講義形式で行い、指定席で着座の上、受講者数によっては15回講義のうち7回までをオンライン受講に誘導する場合がある。
【学修上の助言】
新聞の経済面などで、経済の動向を補足しておくことを推奨する。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
なし 
ICTを活用した双方向型授業の有無
その時点の感染者数と履修登録者数によっては、全ての受講者が15回のうちの半数以上の対面授業を受けられる状況を確保しながら、各回の対面受講者数を制限する場合がある。その場合、対面授業が受けられなかった学生に対して、オンデマンド形式の動画配信を行う。 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   該当する単元名を事前に調べておき、不明な点を明らかにしておく  2.0 
授業   以下の内容について講義を行う
 第1回 ガイダンス・日本経済のキーワードと経済規模
 第2回 日本のインフレーション
 第3回 日本のデフレーション
 第4回 日本の財政
 第5回 日本銀行と金融政策
 第6回 日本の人口減少
 第7回 アベノミクス
 第8回 世界金融危機
 第9回 平成不況(バブル崩壊)
 第10回 バブル経済
 第11回 安定成長期
 第12回 高度経済成長期
 第13回 戦後経済と復興
 第14回 日本経済の基盤
 第15回 授業内試験 
事後   各単元名でわからない単語があれば確認しておく  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
シンクタンクで、マクロ経済指標を用いた北東アジア経済の評価に関する業務を4年間担当していた。使う前提のマクロ経済学を念頭に授業を行う。 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
受講姿勢を20%、第15回の講義の際に行う小テストを80%とする。受講姿勢については、すべての回で座席を指定し、受講姿勢に応じて、当該座席番号の学生に評価を反映していく形をとるので、自身が正しい座席に着座していることを推奨する。 
テキスト
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 櫻井宏二郎  『日本経済論-史実と経済学で学ぶ』  日本評論社  978-4-535-55720-8 
参考文献
関連ページ
備考
この講義は、マクロ経済学I、マクロ経済学IIの履修を前提として講義を行い、日本経済論IIの前提となるものである。該当科目に関連する用語について、不明な点は、過去の講義内容を見直すことを推奨する。 
教員e-mailアドレス
minamitk@sgu.ac.jp 
オフィスアワー
金曜日16:30から18:00まで 
画像
ファイル


PAGE TOP