シラバス参照

講義名 社会政策I 
英文科目名 Social Policy I 
科目ナンバー JK0BAS2114,G00BAS2113 
担当者

片山 一義

科目群 コース展開科目(他コース開講科目) 
対象学年 2年 
単位数
開講期間 前期 
曜日・時限・教室 前期 火曜日 1講時 304教室(新札幌)



授業のねらい
本科目「社会政策Ⅰ」は,は専門基礎科目群として,社会政策の概念を踏まえ,主として雇用・失業問題,及び政府の雇用政策について講義する。特に,現在の日本の雇用・失業問題として,雇用形態の多様化,非正規雇用問題(パートタイマー,派遣労働者,個人請負など),若者の雇用問題,政府の雇用・失業政策の役割等について,講義する。 
履修者が到達すべき目標
1..失業の概念,失業の原因と形態ついて論理的に説明できる。
2.非正規雇用の特徴について論理的に説明できる。
3.雇用・失業問題に対する社会政策の役割について論理的に説明できる。 
授業の進め方
学修上の助言
【授業の進め方】
テキストと資料を用いて説明を行います。事前に授業の関連部分を知らせ、テキストの箇所を指摘するので各自授業の前に精読してください。またMoodleを使用した小テストを実施します。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
Moodleを使って,双方向授業を実施します。 
ICTを活用した双方向型授業の有無
Moodleを使って,双方向授業を実施します。 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   シラバスを読んでくること。   
授業   社会政策の講義について-授業の進め方,評価方法なと説明をします。 
事後   振り返り 
2 事前   シラバスを読んでくること。 
授業   社会政策の概念(1) 社会政策とは何か,その必然性について 
事後   社会政策の概念(1)をノートにまとめて整理おくこと。 
3 事前   社会政策の概念(1) 社会政策とは何か,その必然性についての復習 
授業   社会政策の概念(2) 社会政策の必然性について 
事後   社会政策の概念(2))をノートにまとめて整理しておくこと。 
4 事前   社会政策の概念(2) 社会政策の必然性についての復習 
授業   社会政策の概念(3) 社会政策の主体と対象領域 
事後   社会政策の概念(3) をノートにまとめて整理しておくこと。 
5 事前   社会政策の概念(3) 社会政策の主体と対象領域の復習 
授業   失業の基礎理論(1)-「完全失業者」の概念とその問題点- 
事後   失業の基礎理論(1)をノートにまとめて整理しておくこと。 
6 事前   失業の基礎理論(1)-「完全失業者」の概念とその問題点-の復習 
授業   失業の基礎理論(2)-失業の原因と失業形態- 
事後   失業の基礎理論(2)をノートにまとめて整理しておくこと。 
7 事前   失業の基礎理論(2)-失業の原因と失業形態-の復習 
授業   失業対策の歴史(1) 19世紀末「大不況期」以降における失業理論の登場 
事後   失業対策の歴史(1) をノートにまとめて整理しておくこと。 
8 事前   失業対策の歴史(1) 19世紀末「大不況期」以降における失業理論の登場の復習 
授業   失業対策の歴史(2) 20世紀初頭の初期失業対策 
事後   失業対策の歴史(2) のノートをまとめて整理しておくこと。 
9 事前   失業対策の歴史(2) 20世紀初頭の初期失業対策の復習 
授業   失業対策の歴史(3) 完全雇用政策-ケインズ理論 
事後   失業対策の歴史(3)のノートをまとめて整理しておくこと。 
10 事前   失業対策の歴史(3) 完全雇用政策-ケインズ理論の復習 
授業   失業対策の歴史(4) 完全雇用政策の現実的展開 
事後   失業対策の歴史(4) のノートをまとめて整理しておくこと。 
11 事前   失業対策の歴史(4) 完全雇用政策の現実的展開の復習 
授業   日本の雇用保険制度(1)  雇用保険制度の意義と体系 
事後   日本の雇用保険制度(1)のノートをまとめて整理しておくこと。 
12 事前   日本の雇用保険制度(1)  雇用保険制度の意義と体系の復習 
授業   日本の雇用保険制度(2)  求職者給付 
事後   日本の雇用保険制度(2) のノートをまとめて整理しておくこと。 
13 事前   日本の雇用保険制度(2)  求職者給付の復習 
授業   日本の職業紹介制度(1) 職業紹介の機能と機関 
事後   日本の職業紹介制度(1) のノートをまとめて整理しておくこと。 
14 事前   日本の職業紹介制度(1) 職業紹介の機能と機関の復習 
授業   日本の職業紹介制度(2) 職業安定法改正と労働市場の弾力化 
事後   日本の職業紹介制度(2)のノートをまとめて整理しておくこと。 
15 事前    
授業   全体のまとめ 
事後    
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
なし 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
15回の授業期間内に,Moodleを使って小テストを行う。この小テストを総合して評価する。 
テキスト
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 使用しない       
参考文献
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 石畑良太郎,他  『よくわかる社会政策 第3版』  ミネルヴァ書房   
関連ページ
備考
教員e-mailアドレス
katayamaあっとまぁくearth.sgu.ac.jp 
オフィスアワー
月曜日2講時,火曜日2講時 
画像
ファイル


PAGE TOP