シラバス参照

講義名 環境経済論 
英文科目名 Environmental Economics 
科目ナンバー K00EXP3247,G00EXP3223 
担当者

浅川 雅己

科目群 専門科目 
対象学年 3年 
単位数
開講期間 後期 
曜日・時限・教室 後期 月曜日 3講時 301教室(新札幌)



授業のねらい
 人間の経済活動が自然環境に与ええる影響についての人々の考え方がどのように変遷してきたかを辿ることによって、環境の修復保全、持続化と両立しうる経済活動の在り方を模索する。

※ 政治経済論Ⅰ・Ⅱを事前に受講していることが望ましい。 
履修者が到達すべき目標
 到達目標を以下の3段階に分け、これを順次たどって最終段階(レベル3)の達成を目指します。講義終了時の到達段階で評価(A,B,C)が決まります。

レベル1 様々な環境思想の特徴が理解できる…C
レベル2 特徴を産んだ要因を理解できる…B
レベル3 環境の修復保全、持続化と両立しうる経済活動の在り方について自分の意見を展開できる…A
レベル4 上記の意見の内容が、この分野の研究の進展に貢献できる要素を含んでいる…S 
授業の進め方
学修上の助言
 パワーポイント(スライド)を用いた解説講義(原則対面)とMoodle上での受講者相互,受講者と教員間の意見交換とで構成される授業です。

 毎回の講義に先立って,必ずテキストの予定の範囲を熟読して下さい。予習なしには単位取得は不可能だと考えてください。一週間のスケジュールの中で、本講義の予復習に使う時間をあらかじめ決めておくことを強くお勧めします。

 必要な資料はすべてMoodleを通じて配布します。受講についてのより詳細な手引き(「履修の手引き」)を第1回講義資料としてアップしますので,必ず事前に目を通しておいてください。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
Moodleのフォーラム上でディスカッションを行う。 
ICTを活用した双方向型授業の有無
Moodleのフォーラム上でディスカッションを行う。 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   ガイダンス資料の読み込み  2.0 
授業   ガイダンス&日本における環境問題と環境政策の概況(江別市の状況を含む) 
事後   フォーラム,アンケートなどを用いた質疑・応答  2.0 
2 事前   テキストの第2回講義での学習範囲を精読する。  2.0 
授業   古典・古代の環境思想(1)
――ギリシア自然哲学とその周辺―― 
事後   フォーラム,アンケートなどを用いた質疑・応答  2.0 
3 事前   テキストの第3回講義での学習範囲を精読する。  2.0 
授業   古典・古代の環境思想(2)
――ウェルギリウスの技術学―― 
事後   フォーラム,アンケートなどを用いた質疑・応答  2.0 
4 事前   テキストの第4回講義での学習範囲を精読する。  2.0 
授業   中世キリスト教の自然観 
事後   フォーラム,アンケートなどを用いた質疑・応答  2.0 
5 事前   テキストの第5回講義での学習範囲を精読する。  2.0 
授業   イスラームにおける自然・生命・人間 
事後   フォーラム,アンケートなどを用いた質疑・応答  2.0 
6 事前   テキストの第6回講義での学習範囲を精読する。  2.0 
授業   東洋思想における自然と人間
――儒教、老荘、仏教、神道―― 
事後   フォーラム,アンケートなどを用いた質疑・応答  2.0 
7 事前   テキストの第7回講義での学習範囲を精読する。  2.0 
授業   安藤昌益の思想 
事後   フォーラム,アンケートなどを用いた質疑・応答  2.0 
8 事前   テキストの第8回講義での学習範囲を精読する。  2.0 
授業   前半のまとめ 
事後   フォーラム,アンケートなどを用いた質疑・応答  2.0 
9 事前   テキストの第9回講義での学習範囲を精読する。  2.0 
授業   デカルト-ニュートン的自然観とその問題点 
事後   フォーラム,アンケートなどを用いた質疑・応答  2.0 
10 事前   テキストの第10回講義での学習範囲を精読する。  2.0 
授業   古典派経済学と環境問題
――スミス、リカード、重農学派―― 
事後   フォーラム,アンケートなどを用いた質疑・応答  2.0 
11 事前   テキストの第11回講義での学習範囲を精読する。  2.0 
授業   マルクスの経済学批判 
事後   フォーラム,アンケートなどを用いた質疑・応答  2.0 
12 事前   テキストの第12回講義での学習範囲を精読する。  2.0 
授業   ディープエコロジーとエコセントリズム 
事後   フォーラム,アンケートなどを用いた質疑・応答  2.0 
13 事前   テキストの第13回講義での学習範囲を精読する。  2.0 
授業   社会派エコロジーの諸潮流 
事後   フォーラム,アンケートなどを用いた質疑・応答  2.0 
14 事前   これまで授業全体を振り返り,残された疑問点などの洗い出しを行う  2.0 
授業   レポートについて 
事後   仮提出用レポートの作成  2.0 
15 事前   仮提出用レポートの作成・提出  2.0 
授業   仮提出されたレポートへのコメント,レポートに関する質問への応答 
事後   本提出用レポートの作成と提出  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
現在、江別市廃棄物減量等推進審議会委員であることから、そこで得られた知見を講義に反映させる。 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
 成績評価の素材は,フォーラム(電子掲示板),アンケート,チャットなどを用いたMoodle(オンライン学習システム)上のディスカッションと,期末レポート及び定期テストの3つです。 

 受講態度(フォーラム等を用いたディスカッションへの参加状況)をもっとも重視します。比重としては、全体の45%ほどです。それに加えて、レポート25%、定期試験30%とします。)

評価基準
「ねらい・到達目標」欄のレベル1を達成…C
                レベル2を達成…B
                レベル3を達成…A
                レベル4を達成…S 

※次の3つのケースのどれか一つにでも当てはまった場合は,自動的に単位を失います。

1.「期末レポート」を提出しない。
2.Moodle上のディスカッション等へ参加率が講義最終回分の課題提出締切時点で8割をきる。
3.定期試験を受験しない。 
テキスト
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 必要に応じプリント等を配布します。       
参考文献
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 海上知明  『環境思想 歴史と体系』  NTT出版  475714122X 
2. 除本理史  『環境の政治経済学』  ミネルヴァ書房  9784623058655 
3. 鶴見済  『脱資本主義宣言―グローバル経済が蝕む暮らし』  新潮社  9784103324614 
4. 岸田一隆  『3つの循環と文明論の科学』  エネルギーフォーラム  9784885554353 
5. 松野弘  『現代環境思想論: 〈環境社会〉から〈緑の社会〉へ』  ミネルヴァ書房  4623067513 
関連ページ
1. 教育研究業績  http://researchmap.jp/read0199127   
備考
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 テキストは、ポータルを通じてプリントを配布します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Moodle上に配置されるガイダンス資料を事前によく読んでおいてください。


受講条件:事前もしくは同時に 政治経済論Ⅰ・Ⅱを履修することが望ましい。

※対面授業ですが,社会情勢によって授業方法が変更となる場合があります。また、評価素材のうち、定期テストが取り消される可能性もあります。その場合、配点比重も変わります。情報ポータル・Moodleを定期的にチェックしてください。 
教員e-mailアドレス
asakawaあっとまーくsgu.ac.jp 
オフィスアワー
1) 月曜日11:00~12:40

2) 木曜日12:30~13:15

新札幌キャンパス 509研究室 
画像
ファイル


PAGE TOP