シラバス参照

講義名 社会科教育法A(教・中) 
英文科目名 Teaching Method of Social Studies A 
科目ナンバー Y00EDU2101 
担当者

山本 政俊

科目群 教職課程 
対象学年 2年 
単位数
開講期間 前期 
曜日・時限・教室 前期 火曜日 5講時 A-316教室



授業のねらい
中学校社会科教育の目標を明らかにし、教育内容と指導方法、子ども理解を結びつけた社会科授業論を考察し、自らの社会科教育像を実践的に構築する。 
履修者が到達すべき目標
学習指導要領を踏まえ、中学校における社会科教育について、その現状と課題を、地理的分野・歴史的分野・公民的分野の目標・内容や指導方法を中心に考察する。

 1)社会科教育誕生の歴史的背景を理解する
 2)広い視野に立ち、自らの社会認識を鍛え、社会科教師としての「生き方あり方」を考える。
 3)社会科授業づくりの基本的な構造を理解し、発問づくりに習熟、学習指導案づくりに生かす
 4)情報機器の活用などを積極的に駆使した教材研究の方法を習得する。
  
授業の進め方
学修上の助言
社会科教育を取り巻く様々な課題を提示する。授業に当たっては、教科書と学習指導要領解説社会をテキストとして指定する。授業中に配布した資料や参考文献等を学習するなど事前事後のリサーチや課題の提出、それに伴う学習が求められる。毎時間講義に積極的に参加し、考察・発表、ふりかえりシートを提出すること。問題意識を持ち、自ら学ぼうとすることが何より大事である。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
個人の意見発表、グループワークでの相互意見交換、フィルドワークなど「主体的」「対話的」授業である。 
ICTを活用した双方向型授業の有無
パワポによる題材提示。PC等による調べ学習や(録画等による)TV番組視聴もある。 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   履修登録をしていなくても必ず授業に参加すること   
授業   オリエンテーション 講義の進め方と評価 教科通信を使っての自己開示
【課題1 教科通信の作成】  
事後   【課題1】 教科通信の作成  4.0 
2 事前   【課題1】 教科通信の作成  2.0 
授業   教科通信を使っての自己紹介 なぜ社会科教師なのか 
事後   中学高校時代の社会科授業のリフレクション   2.0 
3 事前   中学高校時代の社会科授業(発表準備)  2.0 
授業   中学高校時代の授業のリフレクション (グループワーク) 理想の授業とは 
事後   授業の復習  2.0 
4 事前   授業の予習 子どもへの言葉かけを考える  2.0 
授業   子どもウオッチングが授業の成否を決める 言葉かけと聞き取りの方法 
事後   授業の復習  2.0 
5 事前   資料をよむ  2.0 
授業   中学校学習指導要領の変遷 1 社会科教育とは  社会科の学力とは 
事後   授業の復習  2.0 
6 事前   資料を読む  2.0 
授業   中学校学習指導要領の変遷 2  社会科教育の実践史に学ぶ 教科書検討 
事後   【課題2】 社会科教育とは何か  2.0 
7 事前   資料を読む  2.0 
授業   中学校学習指導要領の変遷 3  DVDに見る授業の実際 
事後   授業の復習 【課題3】望ましい教科書とは  2.0 
8 事前   DVDを見ての気づきをまとめる  2.0 
授業   社会科授業成立の要素を考える DVD}を見ての意見交流 
事後   授業の復習  2.0 
9 事前   資料を読む  2.0 
授業   社会科授業づくりのヒットポイントを探る  授業の構造  
事後   授業の復習  2.0 
10 事前   資料を読む  2.0 
授業   社会科授業の核になる発問とは 発問の仕方 
事後   授業の復習  2.0 
11 事前   題材と発問を考える  2.0 
授業   発問づくりトレーニング1   (地理分野) (グループワーク) 交流 
事後   題材と発問を考える  2.0 
12 事前   題材と発問を考える  2.0 
授業   発問づくりトレーニング2   (歴史分野) (グループワーク)交流 
事後   題材と発問を考える  2.0 
13 事前   題材と発問を考える  2.0 
授業   発問づくりトレーニング3   (公民分野) (グループワーク)交流 
事後   題材と発問を考える  2.0 
14 事前   題材と発問を考える  2.0 
授業   ニュースからつくる発問づくり        (グループワーク)交流 
事後   題材と発問を考える  2.0 
15 事前   題材と発問を考える  2.0 
授業    講義のまとめ ー授業研究は発問研究ー     
事後   【課題4】 私の発問集づくり  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
実務経験に基づき、実際の授業づくりに役立つよう展開する 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
講義中のグループワークとそのリフレクション(40%) 課題の提出(60%) 
テキスト
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 文部科学省  『中学校学習指導要領解説』  東洋館出版   
2.   『中学社会教科書(地理)』     
3.   『中学社会教科書(歴史)』     
4.   『中学社会教科書(公民)』     
5.   『高等地図帳』  帝国書院   
参考文献
関連ページ
備考
参考文献は適宜提示する。必要な資料は講義時に配布する。中学教科書は、新学習指導要領の全面実施に伴う改訂のため、前期期間は研究し、購入は後期開始時に指示する。
社会科とはなにか。社会科授業づくりの基本を学ぶ講義なので、「社会科教育法A」からBCDのように順次履修するのが望ましい。また高校地歴公民免許のみ取得希望の場合も「社会科教育法A]は取得するのが望ましい。 
教員e-mailアドレス
yama@sgu.ac.jp 
オフィスアワー
月曜美12:20~12:50
事前にアポをとっていただければ上記の時間以外でも対応します。 
画像
ファイル


PAGE TOP