シラバス参照

講義名 トラウマと災害の心理学 
英文科目名 Psychology of Trauma and Disaster 
科目ナンバー F00EXP2318 
担当者

菊池 浩光

科目群 専修科目 
対象学年 2年 
単位数
開講期間 後期 
曜日・時限・教室 後期 水曜日 5講時 遠隔授業



授業のねらい
災害列島といわれる日本は毎年多くの災害に見舞われ犠牲者も多数生じている。また、衝撃的な事故や事件も毎日のように報道されている。こういったトラウマティックな出来事に際し「心のケア」が叫ばれるようになったが、トラウマを背負った被害者にどういったケアや支援が可能なのだろうか。授業では、トラウマに関する基本的な知識を習得して災害時の心のケアの概要を理解していくのがねらいである。そのために、前半は、PTSDの出自である「戦争」をトラウマの側面から取り上げる。後半は、主に事故や災害時の心のケアのあり方について学習していく。 
履修者が到達すべき目標
1.「戦争」がもたらすトラウマを理解する。
2.基本用語と基本概念を押さえながら災害時の「心のケア」の考え方と被災者への関与の仕方を理解する。 
授業の進め方
学修上の助言
遠隔授業(オンデマンド)で実施する。視聴覚教材を多用し実感を深めていく取り組みを行う。前半は、戦争で何が行われ、兵士や市民の心にどのようにトラウマを生じていったのを学び、後半は日本で生じた災害を取り上げてトラウマとその支援のあり方を学んでいく。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
なし 
ICTを活用した双方向型授業の有無
なし 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   シラバスに目を通す  2.0 
授業   オリエンテーション 
事後   履修内容の復習  2.0 
2 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   わが国におけるトラウマ概念の広がり トラウマの定義 
事後   履修内容の復習  2.0 
3 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   トラウマとPTSD(1) 
事後   履修内容の復習  2.0 
4 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   トラウマとPTSD(2) 
事後   履修内容の復習  2.0 
5 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   戦争とトラウマ(1) 
事後   履修内容の復習  2.0 
6 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   戦争とトラウマ(2) 
事後   履修内容の復習  2.0 
7 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   日本軍兵士の戦いとトラウマ 
事後   履修内容の復習  2.0 
8 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   日本軍兵士の心の傷 
事後   履修内容の復習  2.0 
9 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   沖縄戦 心の傷 
事後   履修内容の復習  2.0 
10 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   オキナワ・レポート 
事後   履修内容の復習  2.0 
11 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   トラウマの伝達困難性 
事後   履修内容の復習  2.0 
12 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   災害における心理的ダメージとHermanによる支援の3段階 
事後   履修内容の復習  2.0 
13 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   傷ついた人のそばにたたずむ 
事後   履修内容の復習  2.0 
14 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   PTSDの専門的治療  被災地の子どもたちの心のケア 
事後   履修内容の復習  2.0 
15 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   トラウマからの回復 
事後   履修内容の復習  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
講義担当教員は、30年以上にわたって総合病院、クリニック、小中学校、大学、保健所、企業などで心理実践を積み重ねてきており、その臨床経験を授業に反映させていく。 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
指定時間までに課題シートを提出することで出席をカウントする。出席数が全体の2/3に満たない場合(=課題シート提出が2/3に満たないとき)は評価の対象とならないことを承知しておいてほしい。評価方法は、原則として課題の問題の正解数によって評定する。 
テキスト
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 宮地尚子  『トラウマ』  岩波新書  9784004314042 
参考文献
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. アメリカ国立子どもトラウマティックストレス・ネットワーク/アメリカ国立PTSDセンター  『災害時のこころのケア サイコロジカル・ファーストエイド 実施の手引き 原書第2版』  医学書院  978-4-260-01437-3 
関連ページ
備考
1.世界には、目を背けたくなるようなトラウマティックな出来事が頻発しているが、悲惨な現場や出来事に遭遇した当事者がどういった心理状態になるのかなど想像力を働かせてほしい。また、トラウマを扱った映画がたくさん作られているので、興味がある学生はトラウマという視点をもって視聴し理解を深めていくこと。 2.重たく辛い気持ちに陥ることがありうる授業内容であることを了承の上、授業選択をしてほしい。災害、戦争、事故などトラウマティックな出来事を扱う場合、その話を見聞した人もトラウマを被ることが少なくない。授業では戦争や災害などのトラウマティックな視聴覚教材を多用する予定なので、影響を受けやすい人は授業選択を慎重にしていただきたい。     3.遠隔授業の制約や受講者数そのほかの要因で授業の進め方や内容に変更が生じる場合がある。  
教員e-mailアドレス
hkikuchiアットマークsgu.ac.jp 
オフィスアワー
金曜日12:30〜13:00 (C408研究室、予約制) 
画像
ファイル


PAGE TOP