シラバス参照

講義名 青年心理学 
英文科目名 Adolescent Psychology 
科目ナンバー F00EXP2309 
担当者

菊池 浩光

科目群 専修科目 
対象学年 2年 
単位数
開講期間 後期 
曜日・時限・教室 後期 金曜日 5講時 遠隔授業



授業のねらい
青年期は心身が大きく変化したり自分や社会に対して疑問を持ったりして、大人に向けて大きく飛躍する時期である。ときには世の中を動かすような革新的な行動を示すこともあれば、精神疾患が発症しやすい時期でもあり、不安定なこの時期の特性を正しく理解しておくことが大切である。学生はこの時期に該当しているので、自分自身を媒介として青年心理を探求することができる。自己を発見し、将来に結び付けていってほしい。 
履修者が到達すべき目標
1.青年期の特性を、知的、体験的に理解すること
2.自分の今後を見据えて自己成長に結びつけ、社会人に至る課題を自覚していくこと 
授業の進め方
学修上の助言
オンデマンドによる遠隔授業を行なう。毎回課題を出すので提出のこと。プリントとテキストを用いての講義、視聴覚教材視聴、自己発見の取り組みなどの形態を取り入れる予定である。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
なし 
ICTを活用した双方向型授業の有無
なし 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   シラバスを読んでくる  2.0 
授業   オリエンテーション/人生の各時期の特徴 
事後   配布資料の復習  2.0 
2 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   青年期はどういう時期か1(青年期の特徴) 
事後   配布資料の復習  2.0 
3 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   青年期はどういう時期か2(購買行動) 
事後   配布資料の復習  2.0 
4 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   文化や流行の担い手である若者 
事後   配布資料の復習  2.0 
5 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   反抗の形(視聴覚教材) 
事後   配布資料の復習  2.0 
6 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   青年期における精神的危機 
事後   配布資料の復習  2.0 
7 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   青年期と教育1 
事後   配布資料の復習  2.0 
8 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   青年期と教育2 
事後   配布資料の復習  2.0 
9 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   世界を変える若者の力(視聴覚教材) 
事後   配布資料の復習  2.0 
10 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   アイデンティティー (1) 
事後   配布資料の復習  2.0 
11 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   アイデンティティー (2) 
事後   配布資料の復習  2.0 
12 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   最新科学による「大人になること」(視聴覚教材) 
事後   配布資料の復習  2.0 
13 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   「愛」を科学する(視聴覚教材) 
事後   配布資料の復習  2.0 
14 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   夫婦(男女)のすれ違いを生み出す脳の影響(視聴覚教材) 
事後   配布資料の復習  2.0 
15 事前   課題テーマへの取り組み  2.0 
授業   自分の願いと仕事をつなぐ 
事後   課題レポートに取りかかること  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
講義担当教員は、30年以上にわたって総合病院、クリニック、小中学校、大学、保健所、企業などで心理実践を積み重ねてきており、その臨床経験を授業に反映させていく。 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
指定時間までに課題シートを提出することで出席をカウントする。出席数が全体の2/3に満たない場合(=課題シート提出が2/3に満たないとき)は評価の対象とならないことを承知しておいてほしい。評価方法は、原則として課題の問題の正解数によって評定する。 
テキスト
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 河合隼雄  『大人になることのむずかしさ』  岩波現代文庫  9784006032586 
参考文献
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 河合隼雄  『青春の夢と遊び』  岩波現代文庫  9784006032593 
関連ページ
備考
オンライン授業の制約や、受講者数そのほかの要因で授業の進め方や内容に変更が生じる場合がある。 
教員e-mailアドレス
hkikuchiアットマークsgu.ac.jp 
オフィスアワー
金曜日12:30〜13:00 (C408研究室、予約制) 
画像
ファイル


PAGE TOP