シラバス参照

講義名 精神分析的心理療法 
英文科目名 Psychoanalytic Psychotherapy 
科目ナンバー F00EXP3325 
担当者

村澤 和多里

斉藤 美香

科目群 専修科目 
対象学年 3年 
単位数
開講期間 前期 
曜日・時限・教室 前期 木曜日 2講時 遠隔授業



授業のねらい
心理療法Aで、探索的心理療法を教授している。本講義は、心理療法Aで学んだ古典的精神分析に関する知識をベースとして、現代の臨床現場で活用されている精神分析的心理療法の基礎について学ぶことを目的とする。心理専門職は要支援者に対して、アセスメントとそれに基づく、適切な心理支援を行うことが求められている。本講義では、きめ細かいアセスメントに必要な力動的見立てと心理支援の一つのアプローチである、精神分析的心理療法について学ぶことを目的とする。 
履修者が到達すべき目標
1)精神分析に関する基本的知識を説明できる。
2)精神分析的心理療法に関する、実践に必要な知識を理解して説明することができる。 
授業の進め方
学修上の助言
1)講義形式。
2)毎回の課題。
 授業内で示される資料の熟読、課題の取り組みなど、授業時間以外の事前事後学習が必要。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
講義内でのフォーラム利用などを通しての履修者同士のディスカッションを予定している。
合理的配慮が必要な学生は第1回目の授業前後に担当教員に連絡してください。 
ICTを活用した双方向型授業の有無
本講義は、遠隔授業を予定している。オンラインでのライブ授業は実施せず,moodleでのオンデマンド方式とする。フォーラムや総括フィードバック等を使ったテキストベースでの双方型を予定している。 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   心理療法Aの復習。  2.0 
授業   心理療法Aのおさらい①フロイトとその弟子たち(担当:斉藤) 
事後   不足している知識について復習。  2.0 
2 事前   心理療法Aの復習。  2.0 
授業   心理療法Aのおさらい②鍵概念(担当:斉藤) 
事後   不足している知識について復習。  2.0 
3 事前   メラニークラインについて調べておく  2.0 
授業   メラニークラインと対象関係論(担当:村澤) 
事後   妄想−分裂態勢、抑うつ態勢の概念を整理する。  2.0 
4 事前   境界性人格障害の診断基準について調べておく。  2.0 
授業   境界性人格障害の理解(担当:村澤) 
事後   第3回の理論との関係について復習しておく。  2.0 
5 事前   児童虐待の4分類について調べておく。  2.0 
授業   児童虐待を背景とした事例の理解(担当:村澤) 
事後   トラウマ理論、対象関係論との関係について復習しておく。  2.0 
6 事前   ハインツ・コフートについて調べておく。  2.0 
授業   コフートの自己心理学(担当:村澤) 
事後   誇大自己、鏡転移、理想化転移の概念を整理する。  2.0 
7 事前   自己愛人格障害の診断基準について調べておく。  2.0 
授業   自己愛人格障害の理解(担当:村澤) 
事後   第6回の理論との関係について復習しておく。  2.0 
8 事前   自己心理学の治療論について調べておく。  2.0 
授業   自己心理学からみた事例の理解(担当:村澤) 
事後   事例の自己心理学視点からの理解を整理しておく。  2.0 
9 事前   人格障害の概念について調べておく。  2.0 
授業   人格水準のアセスメント(担当:村澤) 
事後   人格水準と防衛機制の関係について整理する。  2.0 
10 事前   事前課題実施。  2.0 
授業   メンタライゼーション(担当:斉藤) 
事後   不足している知識について復習。事後課題実施。  2.0 
11 事前   事前課題実施。  2.0 
授業   メンタライゼーション(担当:斉藤) 
事後   不足している知識について復習。事後課題実施。  2.0 
12 事前   事前課題実施。  2.0 
授業   精神分析的精神療法のプロセス(担当:斉藤) 
事後   不足している知識について復習。事後課題実施。  2.0 
13 事前   事前課題実施。  2.0 
授業   精神分析的療法家のしごと(担当:斉藤) 
事後   不足している知識について復習。事後課題実施。  2.0 
14 事前   事前課題実施。  2.0 
授業   精神分析的精神療法の事例①(担当:斉藤) 
事後   不足している知識について復習。事後課題実施。  2.0 
15 事前   事前課題実施。  2.0 
授業   精神分析的精神療法の事例②(担当:斉藤・村澤) 
事後   自己理解総括。  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
担当教員は臨床心理士・公認心理師資格を取得しており、医療、福祉、教育、産業の臨床現場にて、長年の臨床経験を有する。 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
村澤と斉藤で50%ずつの成績評価をし、総合的に最終評価を行う。毎回の課題・小テストの平常点を(50%)を総合的に評価する。 
テキスト
参考文献
関連ページ
備考
moodleから本科目のページに入り、そこにある注意事項や指示に従うこと。
・本科目は心理療法Aからの積み上げ式を想定しているため、心理療法Aを履修済みの学生の履修を推奨する。
・精神分析の用語は難解であり、文献も難しいので、粘り強い学習努力が求められる。楽したい人には向いていないので、熟慮しての履修を勧める。
・村澤・斉藤で分担する。
・毎回,講師作成プリント配布。
・履修者の理解度によって、授業進度を変更する可能性もある。
*履修を検討している学生は第1週のガイダンスを受けた上で、履修を決定すること。 
教員e-mailアドレス
mksaitoアットマークsgu.ac.jp 
オフィスアワー
木曜日12:30~13:00 予約制 A509研究室 
画像
ファイル


PAGE TOP