シラバス参照

講義名 コミュニティ心理学 
英文科目名 Psychology of Community 
科目ナンバー F00EXP3314 
担当者

小林 茂

科目群 専修科目 
対象学年 3年 
単位数
開講期間 前期 
曜日・時限・教室 前期 火曜日 1講時 遠隔授業



授業のねらい
コミュニティ心理学は、コミュニティへの介入に関する心理学的な諸科学の応用領域とされています。
コミュニティ心理学の介入のアプローチは、予防医学や公衆保健学と類似した発想に基づきます。
これからの社会には、予防的発想に基づく心理支援が求められます。
心理支援にも、個人への働きかけとは異なった発想があることを理解することがねらいです。 
履修者が到達すべき目標
コミュニティ心理学の観点から、以下の到達目標があります。
➀代表的な心理療法ならびにカウンセリングの歴史、概念、意義、適応および限界、について説明できるようになる。
②訪問による支援や地域支援の意義について説明できるようになる。
➂良好な人間関係を築くためのコミュニケーションの方法を説明できるようになる。
➃プライバシーの配慮について理解する。
➄心理に関する支援を要する者の関係者に対する支援を説明できるようになる。
⑥心の健康教育について説明できるようになる。 
授業の進め方
学修上の助言
講義形式で進めます。
社会にあるニーズと心理支援を結びつけて考えられるように心がけていください。

*新コロナ対応のためオンデマンド授業となります。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
なし。 
ICTを活用した双方向型授業の有無
なし。 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   自分とコミュニティの関係を意識しておく。  2.0 
授業   コミュニティとコミュニティ心理学 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
2 事前   コミュニティ心理学の特有な面について考えておく。  2.0 
授業   コミュニティ心理学の発想➀ 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
3 事前   コミュニティ心理学の特有な面について考えておく。  2.0 
授業   コミュニティ心理学の発想② 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
4 事前   コミュニティ心理学が生まれた時代背景について調べておく。  2.0 
授業   コミュニティ心理学の歴史的背景 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
5 事前   日本の地域精神保健について調べておく。  2.0 
授業   コミュニティ心理学と社会制度➀ 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
6 事前   イタリアの地域精神保健について調べておく。  2.0 
授業   コミュニティ心理学と社会制度②(イタリアの精神保健医療改革から) 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
7 事前   ボランティア活動とは何か考えておく。  2.0 
授業   コミュニティ心理学の担い手 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
8 事前   コミュニティ心理学の援助法について考えておく。  2.0 
授業   コミュニティ心理学の介入と援助方法 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
9 事前   社会を対象とした研究法について調べておく。  2.0 
授業   コミュニティ心理学の研究のあり方 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
10 事前   危機介入とは何か調べておく。  2.0 
授業   危機理論と危機介入 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
11 事前   いのちの電話の活動について調べておく。  2.0 
授業   自殺予防活動 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
12 事前   コンサルテーションとは何か調べておく。  2.0 
授業   コンサルテーションの理論と実際 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
13 事前   社会的支援について自分なりに意識しておく。  2.0 
授業   社会的支援と組織づくり 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
14 事前   環境に働きかけることはどういうことか考えておく。  2.0 
授業   社会環境とコミュニティ心理支援 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
15 事前   被災地の支援活動を調べておく。  2.0 
授業   被災地支援とコミュニティ心理支援 
事後   授業で学んだことを整理する。  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
私は、知的障害支援事業所(兼任非常勤2年6か月)、児童養護施設(兼任非常勤1年)、精神障害支援事業所(常勤8年)、相談支援事業所(兼任非常勤3年)、総合病院精神神経科(兼任非常勤3年)、電話相談活動(兼任非常勤・ボランティア)などに勤めてきました。
現在も、精神科クリニック、幼稚園、HIV関連カウンセリングなどに携わっています。
講義内ではその経験を活かしながら、多様な心理師の活動の在り方を思い描けるように働きかけます。
主な所有資格:公認心理師、臨床心理士、認定心理士、臨床宗教師など。 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
リアクションペーパー、もしくはレポート課題によります。
なお、学校で認められる理由なく授業の6回以上欠席した場合や、他の生徒の学習を阻害するような行動を続ける場合は、成績評価の対象外とします。 
テキスト
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 上村勝彦ほか  『よくわかるコミュニティ心理学(第3版)』  ミネルヴァ書房  ISBN978-4-623-08091-5 
参考文献
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 日本コミュニティ心理学会編  『コミュニティ心理学ハンドブック』  東京大学出版  ISBN978-4-13-016111-4 
関連ページ
備考
教員e-mailアドレス
koba2019@sgu.ac.jp 
オフィスアワー
小林研究室(C-409)
火曜日 12:25~12:50 研究室から離れることがあるため予約が望ましい。 
画像
ファイル


PAGE TOP