シラバス参照

講義名 CALL演習 
英文科目名 CALL 
科目ナンバー L00BAS2108 
担当者

水島 梨紗

科目群 専門科目 
対象学年 1年 
単位数
開講期間 前期 
曜日・時限・教室 前期 火曜日 4講時 B-302教室



授業のねらい
この授業では、履修者が幅広い視聴覚教材を用いた学習を通じて最新の時事英語表現や口語表現等を身に付け、実践的なコミュニケーションに役立てられるようになることをねらいとする。 
履修者が到達すべき目標
英語ニュースや英字新聞、オンライン動画といった様々な種類の素材に触れ、日常会話や時事問題をめぐるやりとりなど、英語のコミュニケーションに役立つ表現を身に付ける。また、ディクテーション等の実践的なトレーニングを通じて、与えられた情報をできるだけ正確に理解できるようになるとともに、得た情報を簡潔に要約したり、説明したりできるようになる。 
授業の進め方
学修上の助言
●授業は対面形式と遠隔オンデマンド形式を交えて行う予定(詳細は下記の授業計画を参照のこと、ただし授業開始後、状況を見てスケジュールの変更を行う場合があるので、授業内の指示を注意して聞くこと)
●期日までに事前課題に取り組み、語彙、フレーズの意味や発音のチェックを進めておくこと
●事前課題や講義で学んだことの振り返りを事後課題の中で行うものとする
●わからないこと、不明な点などがあれば、遠慮なく教員に相談・確認をしてほしい 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
ペアワーク、グループワーク(オンラインおよび対面授業の中で、可能な手段を用いて行う) 
ICTを活用した双方向型授業の有無
事前・事後課題のオンライン提出 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   シラバスのチェック、質問の準備  2.0 
授業   【面接授業】オリエンテーション 
事後   リアクションペーパーの提出  2.0 
2 事前   事前課題(1)*  2.0 
授業   【面接授業】課題(1)に関する解説およびアクティビティー 
事後   事後課題およびリアクションペーパーの提出  2.0 
3 事前   事前課題(2)*  2.0 
授業   【面接授業】課題(2)に関する解説およびアクティビティー 
事後   事後課題およびリアクションペーパーの提出  2.0 
4 事前   事前課題(3)*  2.0 
授業   【遠隔オンデマンド授業】課題(3)に関する解説 
事後   事後課題およびリアクションペーパーの提出  2.0 
5 事前   事前課題(4)*  2.0 
授業   【面接授業】課題(4)に関する解説およびアクティビティー 
事後   事後課題およびリアクションペーパーの提出  2.0 
6 事前   事前課題(5)*  2.0 
授業   【面接授業】課題(5)に関する解説およびアクティビティー 
事後   事後課題およびリアクションペーパーの提出  2.0 
7 事前   事前課題(6)*  2.0 
授業   【遠隔オンデマンド授業】課題(6)に関する解説 
事後   事後課題およびリアクションペーパーの提出  2.0 
8 事前   事前課題(7)*  2.0 
授業   【面接授業】課題(7)に関する解説およびアクティビティー 
事後   事後課題およびリアクションペーパーの提出  2.0 
9 事前   事前課題(8)*  2.0 
授業   【面接授業】課題(8)に関する解説およびアクティビティー 
事後   事後課題およびリアクションペーパーの提出  2.0 
10 事前   事前課題(9)*  2.0 
授業   【遠隔オンデマンド授業】課題(9)に関する解説 
事後   事後課題およびリアクションペーパーの提出  2.0 
11 事前   事前課題(10)*  2.0 
授業   【面接授業】課題(10)に関する解説およびアクティビティー 
事後   事後課題およびリアクションペーパーの提出  2.0 
12 事前   事前課題(11)*  2.0 
授業   【面接授業】課題(11)に関する解説およびアクティビティー 
事後   事後課題およびリアクションペーパーの提出  2.0 
13 事前   事前課題(12)*  2.0 
授業   【遠隔オンデマンド授業】課題(12)に関する解説 
事後   事後課題およびリアクションペーパーの提出  2.0 
14 事前   事前課題(13)*  2.0 
授業   【面接授業】課題(13)に関する解説およびアクティビティー 
事後   事後課題およびリアクションペーパーの提出  2.0 
15 事前   事前課題(14)*  2.0 
授業   【面接授業】課題(14)に関する解説およびアクティビティー、総まとめと復習 
事後   事後課題およびリアクションペーパーの提出  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
実務経験なし 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
●事前課題への取り組み:40%
●授業への積極的な参加:40%
●事後課題への取り組み:20% 
テキスト
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. プリントを配布       
参考文献
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. Miles Craven   『Listening Extra: A Resource Book of Multi-Level Skills Activities』  Cambridge University Press   9780521754613  
関連ページ
1. TED: Ideas worth spreading  https://www.ted.com  様々な分野のスピーチ動画を無料で視聴できるオンラインサービス 
備考
●(上記*印について)ニュースや英字新聞、オンライン動画等の素材は内容が日々更新されるため、最新のトピックからその都度選択する
●授業内容・計画は必要に応じて修正・変更があり得る
●講義を受講しない場合、期日までに課題に取り組まない場合は欠席扱いとなるため、注意すること 
教員e-mailアドレス
lisa@sgu.ac.jp 
オフィスアワー
メールによるアポイントメントの上、随時研究室にて対応する。 
画像
ファイル


PAGE TOP