シラバス参照

講義名 英文講読B(3) 
英文科目名 English Reading B 
科目ナンバー L00BAS1102 
担当者

西 真木子

科目群 実用英語 
対象学年 1年 
単位数
開講期間 後期 
曜日・時限・教室 後期 金曜日 3講時 B-202教室



授業のねらい
「英文講読B」では、英語の語彙・文法を確認しながら、様々な状況に応じた英語のリーディング力とリスニング力を養成する。
 本当の英語力をつけるには、単に問題を解くための「テクニック論」ではなく、英語をきちんと読み、聴き取るために、基本的な語彙・文法を身につけている必要がある。そこでこの講義では、TOEIC問題などを教材に用いて、基本的な語彙・文法の力を固め、増強していく。それにより、英語の総合的なリーディング力とリスニング力を付けていく。クラスの進度によっては、TOEIC以外の読解教材を用いることもある。
 なお、ここではリーディング力とリスニング力を必ずしも切り離さない。リーディングで身に付けた語彙や表現をリスニングにも応用すればよい(逆もまた然り)からである。 
履修者が到達すべき目標
・英語の基本的な語彙・文法を身につけ、リーディング力とリスニング力を上げる。
・様々な場面や状況の英語を読み、目的に応じた状況理解ができる。
・TOEIC400点以上のレベルを目指す。 
授業の進め方
学修上の助言
【授業の進め方】
・「一部対面授業」です。(詳しくはムードルをご覧ください。)
・定期的な単語テスト 、聞き取りテスト
・TOEICの問題演習、文法解説、読解確認
・その他、英語力(特に読解力)を上げるための活動
【時間外学習】
・指定された範囲の予習
・単語テストなどに備えての復習
・音読の復習
【学習上の助言】
・学内TOEIC-IPや公開TOEICテストに積極的に挑戦してほしい。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
ペアワーク (コロナの感染状況によっては行いません) 
ICTを活用した双方向型授業の有無
グーグルフォームでの課題提出とレスポンスを行うことがあります。 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   シラバスを読んでください。  2.0 
授業   オリエンテーション、Reading 演習(品詞) 
事後   授業の復習  2.0 
2 事前   英文に目を通し、単語を調べておいてください。  2.0 
授業   Listening 演習(娯楽の場面で使う英語) 
事後   授業の復習  2.0 
3 事前   英文に目を通し、単語を調べておいてください。  2.0 
授業   リーディング演習(娯楽の場面で歌う英語) 
事後   授業の復習  2.0 
4 事前   英文に目を通し、単語を調べておいてください。  2.0 
授業   リスニング演習(オフィスワークの場面で使う英語) 
事後   授業の復習  2.0 
5 事前   英文に目を通し、単語を調べておいてください。  2.0 
授業   リーディング演習(オフィスワークの場面で使う英語) 
事後   授業の復習  2.0 
6 事前   英文に目を通し、単語を調べておいてください。  2.0 
授業   リスニング演習(会議で使う英語) 
事後   授業の復習  2.0 
7 事前   英文に目を通し、単語を調べておいてください。  2.0 
授業   リーディング演習(会議で使う英語) 
事後   授業の復習  2.0 
8 事前   英文に目を通し、単語を調べておいてください。  2.0 
授業   リスニング演習(旅行で使う英語) 
事後   授業の復習  2.0 
9 事前   英文に目を通し、単語を調べておいてください。  2.0 
授業   リスニング演習(旅行で使う英語) 
事後   授業の復習  2.0 
10 事前   英文に目を通し、単語を調べておいてください。  2.0 
授業   リスニング演習(お金のやり取りで使う英語) 
事後   授業の復習  2.0 
11 事前   英文に目を通し、単語を調べておいてください。  2.0 
授業   リスニング演習(お金のやり取りで使う英語) 
事後   授業の復習  2.0 
12 事前   英文に目を通し、単語を調べておいてください。  2.0 
授業   リスニング演習(ビジネスに関わるやり取りで使う英語) 
事後   授業の復習  2.0 
13 事前   英文に目を通し、単語を調べておいてください。  2.0 
授業   リスニング演習(ビジネスに関わるやり取りで使う英語) 
事後   授業の復習  2.0 
14 事前   これまで学習した教材を見直してください。  2.0 
授業   リスニングの総復習 
事後   授業の復習  2.0 
15 事前   これまで学習した教材を見直してください。  2.0 
授業   リーディングの総復習 
事後   授業の復習  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
なし 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
平常点(参加度、小テスト) 60%
第14・15回目で行う総復習テスト 40%

欠席5回で評価対象外 
テキスト
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. プリントを配布する。       
参考文献
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 大西泰斗  『英文法をこわす:感覚による再構築』  NHKブックス   
2. 大西泰斗、ポール・マクベイ  『ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力』  研究社   
関連ページ
1. 英辞郎  https://eow.alc.co.jp/  オンライン辞書 
備考
・上記授業内容は、状況に応じて進度を変更する場合があります。
・欠席5回で評価対象外となるので注意してください。 
教員e-mailアドレス
nishi6あっとsgu.ac.jp 
オフィスアワー
毎週金曜日 16:30 - 17:00 質問は随時メールでも対応します。 
画像
ファイル


PAGE TOP