シラバス参照

講義名 異文化コミュニケーションスキルズA(2) 
英文科目名 Intercultural Communication Skills A 
科目ナンバー L00EXP3402 
担当者

ヒンクルマン D.W.

科目群 専門科目 
対象学年 3年 
単位数
開講期間 前期 
曜日・時限・教室 前期 水曜日 3講時 A-201教室(CALL教室)



授業のねらい
「相互理解と共感のためのコミュニケーション」をテーマに講義を展開する。様々な文化、言語、経験、価値観、アイデンティティが混在する今日の多元社会では、他者と状況を複眼的に捉える視点、偏見/差別に関する理解、文化/状況コンテキストの知識、そして相互理解のためのコミュニケーションスキルが求められる。授業ではこれらの能力を実践的・体験的に身に付ける。本講義は英語英米文学科の教育目標である「地域と国際社会の文化と福利の向上発展に貢献しうる人材」育成を目指し、学生自身がどのように共生社会の実現に寄与できるかを考察していく。また、英語を使用する機会を多く設けて英語力の向上を目指す他、様々な文化・社会・歴史についても知識を得る。 
履修者が到達すべき目標
1.複雑で流動的なアイデンティティ、文化、コミュニケーションに関する知識を習得することで、柔軟的/複眼的に多文化間コミュニケーションの現場を捉えることができる。
2.多様で流動的な(非)言語コミュニケーションと価値観について説明し、現場で知識を応用することができる。
3.ステレオタイプ、差別、カルチャーショック等について説明ができ、それらの知識を現場で応用できる。
4.他者を理解し共感するためのコミュニケーションスキルを生活の中で使うことが出来る。
5.今まで知らなかった他者の文化や歴史等について知識を得て、それらについて説明することができる。
6.英語による授業を通して、英語の聞く、話す、読む、書く能力を上達させる。 
授業の進め方
学修上の助言
授業ではシミュレーション(疑似体験活動)、ロールプレイ、ゲストスピーカーとの交流、ディベート、ディスカッション等の実践的/体験的な教育活動を多く取り入れる他、レクチャーにて異文化間コミュニケーション学の基礎的な概念を学習する。講義では可能な限り英語を使用して英語力の向上を図る。
課題(計10~14回)では体験活動の振り返り、授業で学んだことを生活の中で実践/応用した際の学びレポート、日本語のリーディング内容を英語でまとめる等の活動を課する。事前学習として、英語での発表準備、課題であるテキストの内容について英語でディスカッションができるようにすること。また体験的な活動を実施した日は、その日のうちに体験したことや学びをメモして振り返りを行なう他、翌週の授業までに学びを他の学生と共有できるように英語で練習しておくとよい。
課題やレポートの多くは授業で実施する各種の体験活動に参加しなければできないものが多い。また異文化間コミュニケーションスキルは実践的な学習が重要なため、出席が不可欠となる。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
授業では疑似体験、ロールプレイ等のアクティヴ・ラーニング手法をふんだんに用いて体験から学ぶ機会を作る他、学生同士が対話から学ぶ活動も取り入れる。 
ICTを活用した双方向型授業の有無
オンラインキャンパス(moodle.sgu.ac.jp)を活用し、各種の活動を行う。 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   シラバスを読んでおくこと 
授業   Orientation: What is Intercultural Communication?
オリエンテーション:異文化間コミュニケーションとは何か? 
事後   振り返りレポート 
2 事前   英語発表準備 
授業   Who am I? Understanding Identities 
私は誰?アイデンティティの理解 
事後   読書・振り返りレポート 
3 事前   読書レポート、英語発表準備 
授業   アイデンティティとの対峙:国民アイデンティティ、性アイデンティティの考察 
事後   アイデンティティと対立・紛争に関する調査レポート 
4 事前   「文化」の概念に関する調査と自論のまとめ 
授業   What is "culture?"
文化とは何か 
事後   読書リポート 
5 事前   カルチャーショック体験の振り返りレポート 
授業   Culture shock
カルチャーショック 
事後   読書・振り返りレポート 
6 事前   ゲストスピーカーの文化的背景と歴史に関する調査 
授業   Learning from a guest speaker
ゲストスピーカーに学ぶ 
事後   振り返りレポート 
7 事前   読書レポート 
授業   Diverse Values and World Views
多様な価値観・世界観軸 
事後   ケーススタディと振り返りレポート 
8 事前   読書レポート 
授業   Diverse Communication Styles
多様なコミュニケーションスタイル 
事後   ケーススタディと振り返りレポート 
9 事前   ロールプレイ計画  1.5 
授業   Various Values and Communication: Role Play
多様な価値観とコミュニケーション:ロールプレイ 
事後   振り返りレポート  2.5 
10 事前   ゲストスピーカーの文化的背景と歴史に関する調査 
授業   Learning from a guest speaker
ゲストスピーカーに学ぶ 
事後   振り返りレポート 
11 事前   調査レポート 
授業   Prejudice Part 2: Stereotype, Discrimination, Labeling, Microaggression
ステレオタイプ、差別、ラベリング、マイクロアグレッション 
事後   読書・振り返りレポート 
12 事前   英語発表準備 
授業   Prejudice Part 2: Blue Eyes, Brown Eyes Role Play, Learning Styles
共生のためのコミュニケーション:DIE 
事後   実践と振り返りレポート 
13 事前   読書レポート 
授業   Communication for Mutual Understanding: DIE & Active Listening
共生のためのコミュニケーション:積極的傾聴 
事後   実践と振り返りレポート 
14 事前   発表準備 
授業   What is Intercultural Communication? Definition and Implementing
異文化間コミュニケーションとは?定義と実践 
事後   振り返りレポート 
15 事前   授業での学び・悟りの書き出し 
授業   What is Intercultural Communication? Debriefing
異文化間コミュニケーションとは?まとめ 
事後   プレゼンテーション準備 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
Don Hinkelman has taught 30 years in interculturation communication. He has lived in the Marshall Islands, Philippines, Belgium, Kenya, Japan and USA. He has done international exchange, international internships and international volunteer work in these countries. ダン・ヒンクルマンは、異文化間コミュニケーションの分野で30年間教えてきました。マーシャル諸島、フィリピン、ベルギー、ケニア、日本、アメリカに在住。これらの国で国際交流、国際インターンシップ、国際ボランティア活動を行ってきた。 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
Assignments 課題(10~13回) 50%
Project/presentation プロジェクト/発表 30%
Quiz クイズ 10%
Contribution to the Class授業への貢献・参加 10% 
テキスト
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1.   『Materials provided by teacher』     
参考文献
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 池田理知子編  『よくわかる異文化コミュニケーション』  ミネルヴァ書房  978-4-623-05609-5 
2. 星野欣生  『人間関係づくりトレーニング』  金子書房  978-4-7608-3025-1 
3. 好井裕明  『差別原論』  平凡社  978-4-582-85367-4 
4. 池田、クレーマー  『異文化コミュニケーション入門』  有斐閣  978-4-641-12107-9 
5. 池田、 灘光、今井、吉武、クレーマー、山田、他  『多文化社会と異文化コミュニケーション』  三修社  978-4-384-03942-9 
関連ページ
備考
If American high school students come to SGU in July, we will do a special program with them. Stay tuned for more information. 7月にアメリカの高校生がSGUを訪問する際には、彼らをホストし、案内し、後輩の監督をする特別なプロジェクトを行う予定です。

Basically this class will be a face to face class (60-90 minutes) There are some weeks where classes may be completely on demand (Moodle) or online video (Zoom). All information regarding this format will be posted on the Moodle course page and explained at the first class of the semester.
基本的にこのクラスは対面授業60~90分)となりますが、週によっては完全にオンデマンド授業(Moodle)となる場合もあります。 この形式に関するすべての情報はMoodleコースページ又はオンラインビデオ(ズーム)に掲載され、学期の最初の授業で説明されます。

If at any time, this course becomes online and not face-to-face, please prepare the following.
この講義が対面ではなくオンラインになる場合は、以下の物、環境をご準備ください。

1) A device (PC, tablet, smartphone) that has a good camera and microphone and can use Zoom with no overheating or battery problems.
きちんと機能するカメラとマイクが付いた、過熱やバッテリーの問題の無い、Zoom対応可能なデバイス(PC、タブレット、スマートフォンなど)。
(This is a communication class so you will be expected to have your camera turned on during Zoom classes.)
(この講義はコミュニケーショの授業ですので、Zoomの授業中はカメラオンの状態にしておくことが求められます。)

2) An area where WIFI is strong and you can talk without being disrupted or disrupting others.
WIFIが強力で、他の人の邪魔にならず、また、邪魔されずに話をしながら授業を受けられる場所。

Also, please be aware that the schedule and assessment activities above may change.
また、上記の授業内容・計画 成績評価方法は変更される場合があります 
教員e-mailアドレス
hinkel@sgu.ac.jp 
オフィスアワー
Office hours are Mondays from 4:30 to 5:30 in Room A-204. Or you may email to make an appointment (hinkel@sgu.ac.jp) or phone at 080-3235-4008 (9am-9pm). 
画像
ファイル


PAGE TOP