シラバス参照

講義名 精神保健福祉に関する制度とサービス 
英文科目名 Community Mental Health and Welfare Services 
科目ナンバー  
担当者

定平 憲之

科目群 専修科目 
対象学年 2年 
単位数
開講期間 後期週2回開講 
曜日・時限・教室 後期 木曜日 4講時
後期 木曜日 5講時



授業のねらい
1.精神障害者の相談援助活動と法(精神保健福祉法)との関わりについて理解する。
2.精神障害者の支援に関連する制度及び福祉サービスの知識と支援内容について理解する。
3.精神障害者の支援において係わる施設、団体、関連機関等について理解する。
4.更生保護制度と医療観察法について理解する。
5.社会資源の調整・開発に係わる社会調査の概要と活用について基礎的な知識を理解する。 
履修者が到達すべき目標
1.精神保健福祉の歴史について理解するとともに、精神保健福祉法の意義と内容について理解し、概要を説明することができる。
2.精神障害者の福祉制度の概要と福祉サービスについて理解し、具体的に説明することができる。
3.相談援助に係わる組織、団体、関係機関及び専門職や地域住民との協働、行政機関における精神保健福祉士の相談援助活動について理解し、具体的にイメージすることができる。
4.更生保護制度の概要、精神障害者福祉との関係及び関係機関や団体との連携について理解し、具体的に説明することができる。
5.医療観察法の概要、医療観察法における精神保健福祉士の専門性と役割について理解し、具体的に説明することができる。
6.精神障害者に関連する社会保障制度の概要について理解し、具体的に説明することができる。
7.社会資源の調整・開発に係わる社会調査の意義、目的、倫理綱領、方法及び活用について理解し、概要について説明することができる。 
授業の進め方
学修上の助言
精神保健福祉士にとって中核となる科目です。国家試験の受験を考えている方は、先を見据えてしっかりと学んでください。授業は視聴覚教材で概要を伝えるとともに、プリントを活用して重要語句や制度の内容等について学んでもらいます。節目ごとに小テストを行い、知識の定着を図ります。小テストにしっかり取り組むと、国家試験、また、期末の試験に役立ちます。皆さんの積極的な学びを期待しています。あまり堅苦しくないように、わかりやすい授業を展開したいと思っています。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
なし 
ICTを活用した双方向型授業の有無
なし 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   シラバスを読んでおくこと  2.0 
授業   オリエンテーション 
事後   今後の心構えをしてください  2.0 
2 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   日本の精神障害者に関する制度の歴史 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
3 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神保健福祉法成立までの経緯 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
4 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神保健福祉法成立までの経緯 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
5 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神保健福祉法の意義とその後の変化 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
6 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   障害者自立支援法成立による変化 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
7 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神保健福祉法に至る歴史の変遷のまとめ 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
8 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神保健福祉士とは 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
9 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   入院制度と精神保健福祉士の役割 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
10 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   入院制度に関するまとめ 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
11 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神医療における権利擁護 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
12 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   処遇と精神医療審査会に関するまとめ 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
13 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   相談援助に係わる行政組織と民間組織 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
14 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   インフォーマルな社会資源の役割 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
15 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神障害者保健福祉手帳と精神保健福祉士の役割 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
16 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神障害者保健福祉手帳のまとめ 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
17 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   障害者総合支援法における精神障害者の福祉サービスについて 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
18 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   障害者総合支援法に関するまとめ 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
19 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神障害者に関する社会保障制度 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
20 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   生活保護制度について 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
21 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   年金制度について 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
22 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   更生保護制度の概要 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
23 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   更生保護制度に関するまとめ 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
24 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   医療観察法の概要 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
25 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   医療観察法の意義と内容 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
26 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   医療観察法の審判と精神保健参与員の役割 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
27 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   入院・通院医療と社会復帰調整官の役割 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
28 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   医療観察法に関するまとめ 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
29 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   社会調査の意義の目的 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
30 事前   授業で配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   全体のまとめ 
事後   定期試験と国家試験に向けて、しっかりと復習すること  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
私は1989年より13年間精神科病院、その後精神保健福祉士一般養成施設で17年間勤務してきた。この間、障害福祉サービス事業所の運営、医療観察法における精神保健参与員にも従事していた。講義内ではその知見を生かし、実際の事例などを交えながら国家試験及び精神保健福祉援助実習にもつながる授業展開を行っていく。 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
試験90%(期末テスト)、出席及び受講状況10%を勘案して総合的に評価する。 
テキスト
参考文献
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1.   『精神保健福祉に関する制度とサービス』  中央法規出版   
2.   『精神保健福祉法詳解』  中央法規出版   
3.   『福祉小六法』     
関連ページ
備考
教員e-mailアドレス
sadahira@sgu.ac.jp 
オフィスアワー
火曜日 11:30~12:30 A424研究室 
画像
ファイル


PAGE TOP