シラバス参照

講義名 精神保健福祉論 
英文科目名 Mental Health Welfare 
科目ナンバー  
担当者

定平 憲之

中村 裕子

科目群 専修科目 
対象学年 2年 
単位数
開講期間 通年 
曜日・時限・教室 前期 木曜日 4講時
後期 木曜日 4講時
後期 木曜日 5講時



授業のねらい
1.精神障害者の生活支援の意義と特徴について理解する。
2.精神障害者の相談援助活動と法(精神保健福祉法)との関わりについて理解する。
3.精神障害者の支援に関連する制度及び福祉サービスの知識と支援内容について理解する。
4.精神障害者の居住支援に関する制度・施策と相談援助活動について理解する。
5.職業リハビリテーションの概念及び精神障害者の就労支援に関する制度・施策と相談援助活動(その他の日中活動支援を含む)について理解する。
6.精神障害者の支援において係わる施設、団体、関連機関等について理解する。
7.行政機関における精神保健福祉士の相談援助活動について理解する。
8.更生保護制度と医療観察法について理解する。
9.社会資源の調整・開発に係わる社会調査の概要と活用について基礎的な知識を理解する。 
履修者が到達すべき目標
1.精神障害者の概念、生活支援の実際、人権等について理解し、認識することができる。
2.精神保健福祉の歴史について理解するとともに、精神保健福祉法の意義と内容について理解し、概要を説明することができる。
3.精神障害者の福祉制度の概要と福祉サービスについて理解し、具体的に説明することができる。
4.精神障害者の居住支援、就労支援等生活支援システムに関する制度・施策と相談援助活動について理解し、具体的に説明することができる。
5.相談援助に係わる組織、団体、関係機関及び専門職や地域住民との協働、行政機関における精神保健福祉士の相談援助活動について理解し、具体的にイメージすることができる。
6.更生保護制度の概要、精神障害者福祉との関係及び関係機関や団体との連携について理解し、具体的に説明することができる。
7.医療観察法の概要、医療観察法における精神保健福祉士の専門性と役割について理解し、具体的に説明することができる。
8.精神障害者に関連する社会保障制度の概要について理解し、具体的に説明することができる。
9.社会資源の調整・開発に係わる社会調査の意義、目的、倫理綱領、方法及び活用について理解し、概要について説明することができる。 
授業の進め方
学修上の助言
精神障害者に関わる制度や社会資源、環境について概念を学びます。受動的に学習するだけではなく、自分がどのように捉えたかを意識して授業に取り組んでください。学習を深めるために関連する動画を時折交え、考察ができるように進めていきます。体系的に学習が進むよう、配布プリントやノートを読み返し、理解を確実にして次週の講義を受けてください。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
後期は、知識の確認及び定着のため、グループワークを行います。一方的な講義ではなく、双方向の授業を展開します。間違うことを恐れず、積極的な発言を期待します。 
ICTを活用した双方向型授業の有無
なし 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   シラバスを読んでおくこと  2.0 
授業   オリエンテーション、障害の捉え方 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
2 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神障害の概念 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
3 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神障害者の現状(生活の実際) 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
4 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神障害者と家族の現状 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
5 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神障害者の生活と人権 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
6 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神障害者の地域生活支援システム 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
7 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   クライシスケアシステム(精神障害者の地域生活支援) 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
8 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神障害者の居住支援 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
9 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神障害者の居住支援の視点と実際 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
10 事前   授業時に配布する資料を事前に読んでおくこと  2.0 
授業   海外における地域生活支援① 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
11 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   海外における地域生活支援② 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
12 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神障害者の就労支援の歴史 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
13 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神障害者の就労支援の概要 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
14 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   就労支援に関わる機関や施設 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
15 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   市町村やその他の行政機関における相談援助 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
16 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   オリエンテーション、日本の精神障害者に関する制度の歴史 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
17 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神保健福祉法成立までの経緯 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
18 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神保健福祉法の意義とその後の変化 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
19 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神保健福祉法の概要 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
20 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   医療及び保護/入院制度と精神保健福祉士の役割 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
21 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神医療における権利擁護 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
22 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   相談援助に係わる組織 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
23 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   保健及び福祉 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
24 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神障害者の福祉制度の概要と福祉サービス 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
25 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   精神障害者に関する社会保障制度 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
26 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   更生保護制度の概要 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
27 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   医療観察法の概要 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
28 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   医療観察法の内容/医療観察法の審判と精神保健参与員の役割 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
29 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   入院・通院医療と社会復帰調整官の役割/医療観察法の現状と課題 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
30 事前   授業時に配布する資料を読んでおくこと  2.0 
授業   社会調査の意義の目的/全体のまとめ 
事後   配布資料と授業内容を復習すること  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
中村:2001年より約8年間精神保健福祉士、約5年間社会福祉士として医療機関や包括支援センターに勤務してきた。この間、障害者及び高齢者の生活支援や就労支援に従事し、各大学及び養成校の精神保健福祉援助実習を受け入れ、後進の指導に当たっていた。講義内ではその知見を生かし、実際の事例などを交えながら授業展開を行っていく。
定平:1989年より13年間精神科病院、その後精神保健福祉士一般養成施設で17年間勤務してきた。この間、障害福祉サービス事業所の運営、医療観察法における精神保健参与員にも従事していた。講義内ではその知見を生かし、実際の事例などを交えながら国家試験及び精神保健福祉援助実習にもつながる授業展開を行っていく。 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
試験70%(中間テスト、期末テスト)、課題及び受講状況30%を総合的に評価する。 
テキスト
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 適宜印刷して提供する。        
参考文献
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1.   『精神保健福祉に関する制度とサービス(第6版)』  中央法規出版   
2.   『精神障害者の生活支援システム(第3版)』  中央法規出版   
3.   『精神保健福祉法詳解』  中央法規出版   
4.   『福祉小六法』     
関連ページ
備考
国家試験では新カリキュラムに変更しているため、科目名称が「6.精神保健福祉に関する制度とサービス」、及び「7.精神障害者の生活支援システム」となる。 
教員e-mailアドレス
中村:nakay@sgu.ac.jp 定平:sadahira@sgu.ac.jp 
オフィスアワー
中村:火曜日 11:30~12:30 A525研究室
定平:火曜日 11:30~12:30 A424研究室 
画像
ファイル


PAGE TOP