シラバス参照

講義名 社会心理学A 
英文科目名 Social Psychology A 
科目ナンバー  
担当者

河合 直樹

科目群 専門科目 
対象学年 2年 
単位数
開講期間 前期 
曜日・時限・教室 前期 火曜日 3講時 D-202教室



授業のねらい
 ときに私たちは、日々の行動や発言、判断といったものを自分の「こころ」の純粋な産物だと考える。「友人からの甘い誘いに思わず乗ってしまった」「ライブ会場の熱気に当てられて自分でも驚くほど狂騒してしまった」いう場合はあくまで“例外”にすぎず、他の存在とは一線を画した「この私」こそが判断の主体なのだ、と。

 この常識に対して強烈な一石を投じるのが、社会心理学である。「こころ」というものは、私たちが素朴に思っている以上に、他者からの影響に満ち満ちている。それほどに「こころ」と「社会」は分かちがたく結びついていることを、社会心理学は教えてくれる。
 
 よく「人間は社会的動物だ」といわれる。散々使われてきた表現で、もはや何の目新しさも感じないかもしれない。本講義は、この手垢にまみれた標語に対して、心理学の見地から新たに光を当てる試みといってよい。意識していないが実は体験していたことや、暗黙裡に「あたりまえ」とみなしていた価値観への気づきをとおして、自分がどのような社会性を生きているのかを見つめなおす機会ともなるだろう。 
履修者が到達すべき目標
〇「対人関係並びに集団における人の意識及び行動についての心の過程」「人の態度及び行動」「家族、集団及び文化が個人に及ぼす影響」を正しく理解し、重要な概念や実験・事例について説明することができる。
〇日々の生活やメディアをとおして知る心理現象・社会現象を、社会心理学の概念を用いて考察したうえで、その社会的意味や解決方策について、自分のことばで論じることができる。 
授業の進め方
学修上の助言
【授業の進め方】
〇スライドおよび配布資料をもとに講義を行う。
〇学生への問いかけや、学生どうしの対話の時間をとることがある。積極的な参加を期待する。
〇授業の終盤に15分程度の時間をとり、感想や質問などを書いてもらう。(リアクションペーパー)
〇学生の興味・関心に応じて、講義内容を変更することがある。

【時間外学習】
〇シラバスに示したキーワードや、ニュース・新聞で報じられる心理的問題を、インターネット等で調べ、事前に関心を深めておくこと。
〇授業中に紹介する参考文献を読んだり、講義内容をもとに身近な心理現象を考察してみるなど、授業後の発展的な学習に努めること。

【学習上の助言】
〇わからないことや疑問に思ったことは、なるべく時間をおかずに調べたり、質問するとよい。仮に、そのとき解決・納得が得られなかったとしても、注いだ努力は財産となり、今後の学習に必ず良い影響をもたらす。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
なし 
ICTを活用した双方向型授業の有無
なし 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   シラバスを読む  2.0 
授業   〇オリエンテーション
  ~社会心理学とはどのような学問か 
事後   配布資料を復習する  2.0 
2 事前   社会心理学と聞いて連想することを1つ挙げ、それが心理学のなかでどのように研究されている(または研究されていない)かを調べる  2.0 
授業   〇体験から学ぶ社会的ジレンマ(1)
  ~二者間のジレンマ
*囚人のジレンマ 
事後   配布資料を復習する  2.0 
3 事前   リアクションペーパーに対する教員からのコメント(別途配布)を読む  2.0 
授業   〇体験から学ぶ社会的ジレンマ(2)
  ~多者間のジレンマ
*共有地の悲劇 
事後   配布資料を復習する  2.0 
4 事前   リアクションペーパーに対する教員からのコメント(別途配布)を読む  2.0 
授業   〇体験から学ぶ社会的ジレンマ(3)
  ~社会的ジレンマにどう向き合うか
*社会的交換理論 
事後   配布資料を復習する  2.0 
5 事前   リアクションペーパーに対する教員からのコメント(別途配布)を読む  2.0 
授業   〇ステレオタイプと偏見
  ~居場所があなたの価値観をつくる
*内集団と外集団、外集団均質化効果、最小条件集団パラダイム、内集団びいき、錯誤相関、ステレオタイプ、社会的アイデンティティ理論 
事後   配布資料を復習する  2.0 
6 事前   リアクションペーパーに対する教員からのコメント(別途配布)を読む  2.0 
授業   〇協調行為の生産性・援助行動
  ~困っている人をわざと助けない心理とは
*社会的促進、社会的抑制、社会的手抜き、社会的インパクト理論、傍観者効果 
事後   配布資料を復習する  2.0 
7 事前   リアクションペーパーに対する教員からのコメント(別途配布)を読む  2.0 
授業   〇集団意思決定(1)
  ~「三人寄れば文殊の知恵」は本当か?
*集団極性化現象、リスキーシフト、コーシャスシフト、集団浅慮 
事後   配布資料を復習する  2.0 
8 事前   リアクションペーパーに対する教員からのコメント(別途配布)を読む  2.0 
授業   〇集団意思決定(2)
  ~「何を話し合うか」から「どう話し合うか」へ
*エンカウンターグループ、集団決定法、ブレインストーミング 
事後   配布資料を復習する  2.0 
9 事前   リアクションペーパーに対する教員からのコメント(別途配布)を読む  2.0 
授業   〇同調
  ~長いものに巻かれろ?言われずとも巻かれてしまっている人々の心理
*集団の斉一性、アッシュの同調実験、規範的影響と情報的影響、多元的無知 
事後   配布資料を復習する  2.0 
10 事前   リアクションペーパーに対する教員からのコメント(別途配布)を読む  2.0 
授業   〇服従
  ~「従いたくなくても従ってしまう」人間の姿を世に示した衝撃の心理実験
*ミルグラムのアイヒマン実験、ジンバルドーのスタンフォード監獄実験 
事後   配布資料を復習する  2.0 
11 事前   リアクションペーパーに対する教員からのコメント(別途配布)を読む  2.0 
授業   〇多数派と少数派
  ~同調と服従を乗り越える社会状況とは?
*ブルー/グリーン・パラダイム、沈黙の螺旋 
事後   配布資料を復習する  2.0 
12 事前   リアクションペーパーに対する教員からのコメント(別途配布)を読む  2.0 
授業   〇社会ネットワーク
  ~どんな「つながり」が社会的インパクトを持つのか?
*弱い紐帯の強み、社会関係資本、スモールワールド・ネットワーク 
事後   配布資料を復習する  2.0 
13 事前   リアクションペーパーに対する教員からのコメント(別途配布)を読む  2.0 
授業   〇判断の状況依存性(1)
  ~「乗客に日本人はいませんでした」の社会心理的意味
*議題設定効果、教化効果、プライミング効果、フレーミング効果 
事後   配布資料を復習する  2.0 
14 事前   リアクションペーパーに対する教員からのコメント(別途配布)を読む  2.0 
授業   〇判断の状況依存性(2)
  ~「お得感」はつくられる?廃課金はなぜ起こる?
*プロスペクト理論、アンカリング効果 
事後   配布資料を復習する  2.0 
15 事前   リアクションペーパーに対する教員からのコメント(別途配布)を読む  2.0 
授業   〇総括と展望 
事後   配布資料を復習する  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
実務経験なし 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
第2~15回の授業後に提出するリアクションペーパー(各5点×14回=70点)、ならびに期末レポート(30点)により評価する。
*先述の「時間外学習」の努力がみられるリアクションペーパーは高く評価する。
*盗用(コピペなど)をはじめとする不正行為が確認された場合、原則として、当該学生に対して本科目の単位を認定しない。 
テキスト
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 特に指定しない。       
参考文献
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 亀田達也・村田光二  『複雑さに挑む社会心理学[改訂版]』  有斐閣アルマ  4641124189 
関連ページ
備考
〇授業開始後30分以降に入室した者に対しては、原則、リアクションペーパーを配布しない。
〇他の履修生に対する迷惑行為(授業内容と関係のない私語、スマートフォン等によるゲーム・SNSなど)を固く禁ずる。悪質な場合は途中退室を求める場合がある。
〇原則、欠席者に対して講義資料の再配布は行わない。ただし、本学の「履修要項」に定められている欠席(特別欠席・公認欠席・感染症による授業欠席)に該当する場合は、所定の証明書を提出した者に限り、欠席した講義の資料を提供する。

〇受講にあたって前提とする知識は特にないが、心理学系の他科目を並行して履修することが望ましい。
〇後期に開講する「社会心理学B」の履修は必須ではないが、社会心理学の全体像を理解したい者は通年で履修することを推奨する。 
教員e-mailアドレス
kawaiあっとまぁくsgu.ac.jp 
オフィスアワー
水曜12:30-13:00(A館4階419) 
画像
ファイル


PAGE TOP