シラバス参照

講義名 社会福祉演習III(1) 
英文科目名 Seminar on Social Work III 
科目ナンバー  
担当者

新田 雅子

科目群 ソーシャルワーク専攻科目群 
対象学年 4年 
単位数
開講期間 前期 
曜日・時限・教室 前期 月曜日 5講時 A-301教室



授業のねらい
・綜合的かつ包括的な援助と地域福祉の基盤整備・開発にかかわる専門職としてソーシャルワークを理解し、そのための実践力を身につける。
・地域におけるソーシャルワークにかかわる知識と技術について、個別的な体験を一般化し、実践的に応用できる力を身につける。 
履修者が到達すべき目標
1.数多くの事例に触れることで、複雑化・多様化する対象者とその背景にある社会的な形相を理解する。
2.地域福祉の基盤整備と資源開発につなげる地域アセスメント力を身につける。
3.複雑化・多様化する対象者に向き合う総合的かつ包括的なソーシャルワークの実践力を身につける。 
授業の進め方
学修上の助言
・授業はすべて参加型(グループワーク・フィールドワーク)で行われるため、授業への積極的な参加が求められる。
・授業内に出された課題やフィールドワークなどの準備などはすべて授業時間外に取り組むことになる。
・公欠を除く4回以上の欠席は履修放棄とみなす。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
演習形式で進める。したがって、当科目は終始一貫してアクティブラーニング形式の授業となる。 
ICTを活用した双方向型授業の有無
なし 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   シラバスを熟読してくること  2.0 
授業   ガイダンス 
事後   初回配布資料をよく読んで当科目の全体の展開をイメージしておくこと  2.0 
2 事前   事前配布資料の読み込み  2.0 
授業   複合的な対応を必要とする事例を用いて(1)さまざまな事例にふれる 
事後   事例検討シートの作成  2.0 
3 事前   事例検討シートの作成  2.0 
授業   複合的な対応を必要とする事例を用いて(2)社会的な背景を考える 
事後   事例検討シートの完成・提出  2.0 
4 事前   地域アセスメントに関する事前配布資料の読み込み  2.0 
授業   地域福祉の基盤整備に向けて(1)地域アセスメントに関する理解 
事後   地域アセスメントシートの作成準備  2.0 
5 事前   スタディウォークの事前準備  2.0 
授業   地域福祉の基盤整備に向けて(2)スタディウォーク 
事後   スタディウォーク事後レポートの作成・提出  2.0 
6 事前   スタディウォーク事後レポート報告準備  2.0 
授業   地域福祉の基盤整備に向けて(3)スタディウォークについての報告 
事後   自他の学生による報告結果の整理と考察  2.0 
7 事前   スタディウォークを地域アセスメントにつなげる作業課題への取り組み  2.0 
授業   地域福祉の基盤整備に向けて(4)地域アセスメントのまとめ 
事後   地域アセスメントシートの完成  2.0 
8 事前   報告会に向けての個別課題  2.0 
授業   地域の社会資源開発に向けて(1)報告会に向けてのグループワーク 
事後   報告会に向けての準備  2.0 
9 事前   報告会に向けての準備  2.0 
授業   地域の社会資源開発に向けて(2)スタディウォークと地域アセスメントの報告会 
事後   報告会の振り返りレポートの作成・提出  2.0 
10 事前   事前配布資料の読み込み  2.0 
授業   個と地域の一体的支援(1)大麻で暮らすAさん・Bさんの事例検討【事例の提示】 
事後   事例検討シートの作成  2.0 
11 事前   事例検討シートの作成  2.0 
授業   個と地域の一体的支援(2)大麻で暮らすAさん・Bさんの事例検討【アセスメント】 
事後   事例検討シートの作成  2.0 
12 事前   事例検討シートの作成  2.0 
授業   個と地域の一体的支援(3)大麻で暮らすAさん・Bさんの事例検討【プランニング】 
事後   事例検討シートの作成  2.0 
13 事前   事例検討シートの完成  2.0 
授業   個と地域の一体的支援(4)大麻で暮らすAさん・Bさんの事例検討【介入・資源開発】 
事後   事例検討会に向けての準備  2.0 
14 事前   事例検討会に向けての準備  2.0 
授業   地域を基盤とした相談援助とは -拡大事例検討会- 
事後   事例検討会の振り返り  2.0 
15 事前   授業全体の振り返り  2.0 
授業   総合的かつ包括的な相談援助の実践力とは何か:まとめレポート 
事後   最終レポートの作成・提出  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
特になし 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
・提出課題50%
・事例の読み込み(集中力),グループワークへの参加態度(発言力,質問力),授業全体への意欲(積極性)などによる平常点50%
・4回以上の欠席は履修放棄とみなすので注意すること。 
テキスト
参考文献
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 岩間伸之・原田正樹  『地域福祉援助をつかむ』  有斐閣  9784641177147 
2. 牧里毎治・杉岡直人・森本佳樹  『ビギナーズ地域福祉』  有斐閣  9784641124868 
関連ページ
備考
地域福祉実践の基本であるアウトリーチを学ぶ意味で、時間中に学外に出ることがあります。 
教員e-mailアドレス
nittaあっとまーくsgu.ac.jp 
オフィスアワー
A館4階 A407研究室 毎週火曜日12時30分から13時00分 
画像
ファイル


PAGE TOP