シラバス参照

講義名 社会福祉実習指導(1) 
英文科目名 Supervision on Social Work Practical Training 
科目ナンバー  
担当者

大澤 真平

新田 雅子

松川 敏道

横山 登志子

科目群 ソーシャルワーク専攻科目群 
対象学年 3年 
単位数
開講期間 通年 
曜日・時限・教室 前期 火曜日 5講時 A-301教室
後期 火曜日 5講時 A-301教室
後期 火曜日 6講時 A-301教室



授業のねらい
1.社会福祉実習の意義について理解する。
2.社会福祉演習IIと連動させながら、相談援助にかかわる知識と技術についての具体的理解と実践的技術の体得をはかる。
3.社会福祉士として求められる資質、技能、倫理や課題把握等に対して、総合的に対応できる能力を涵養する。
4.社会福祉実習で得た具体的な体験や活動を、理論化し体系立てていくことができる能力を涵養する。 
履修者が到達すべき目標
1.社会福祉実習の意義についての理解ができている。
2.相談援助にかかわる知識と技術についての具体的理解と実践的技術が体得できている。
3.社会福祉士としてあるいは実習生として求められる資質、技能、倫理、課題把握等に対する総合的な対応力が形成されている。
4.具体的な体験や活動を、専門性をともなった援助技術として理論化し体系立てていく能力が形成されている。 
授業の進め方
学修上の助言
<前期=実習前>
・社会福祉演習等で学んだ相談援助にかかわる知識や技術とも関連づけながら、社会福祉実習を進めるための準備を、個別指導並びに集団指導を通して行う。
・施設見学や外部講師講話等により、実習の具体的かつ実際的なイメージと知識を高める。
・社会福祉実習をより効果的に実施するために、自己の実習課題を立案・作成し、自己の実習課題を遂行するための実習計画を作成する。

<実習中>
・実習中は、帰校日3回、教員による各施設への巡回訪問指導を1回予定している。
・巡回指導および帰校日による個別指導あるいはグループワークを通して、実習中の経験や学びを振り返り、言語化し他者と共有することで、自己の課題を明確化する。

<後期=実習後>
・個別指導や集団指導を通して実習経験の報告と振り返りを繰り返し行って、経験を客観的に反省・評価し、相談援助の専門性としての価値・知識・技術と結びつける。
・社会福祉実習での体験や活動ならびに自己の実習課題を、概念化し理論化する手だてとして、実習報告書を作成する。
・実習報告会を開催する。その内容を検討する過程でのグループワークや発表のための準備、発表そのものも、社会福祉士として求められる総合的な対応力の研鑽を意味する。

<時間外学習について>
 通年にわたりほぼ毎回課題が課されることになる。実習計画書や実習報告書をはじめとする提出課題の作成はほとんどが授業時間外の作業になる。提出物の遅れは社会福祉演習Ⅱや社会福祉実習に連動して影響を及ぼすので、常に緊張感を持って〆切厳守で臨むこと。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
 演習形式で進める。したがって、当科目は終始一貫してアクティブラーニング形式の授業となる。 
ICTを活用した双方向型授業の有無
 なし 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   【1】配布済みの前年度実習報告書を読んでくる  2.0 
授業   【1】ガイダンス、社会福祉実習のイメージづくりと概要の理解(1)前年度実習報告書を読んで 
事後   【1】実習報告書の内容の振り返り、個人票の作成  2.0 
2 事前   【2】前年度実習生への質問を考えてくる  2.0 
授業   【2】社会福祉実習のイメージづくりと概要の理解(2)前年度実習生との対話 
事後   【2】前年度実習生との対話から得たことの言語化(レポート作成)  2.0 
3 事前   【3】配布資料に基づく実習分野に関する制度的理解  2.0 
授業   【3】実習分野と対象者(クライエント)に関する基本的な理解(1)実習分野に関する制度の理解
 社会福祉実習のイメージづくりと概要の理解(3)施設見学に向けて 
事後   【3】制度的理解に関わる確認テストの振り返り  2.0 
4 事前   【4】【5】施設見学に向けての準備  4.0 
授業   【4】【5】社会福祉実習のイメージづくりと概要の理解(4)施設見学 
事後   【4】【5】施設見学から得たことの言語化(レポート作成)  4.0 
5 事前   【6】施設見学から得たことの振り返り  2.0 
授業   【6】社会福祉実習のイメージづくりと概要の理解(6)施設見学の振り返り
 実習分野と対象者(クライエント)に関する基本的な理解(2)事例を通しての対象理解 
事後   【6】事例を通しての対象理解に関する確認(レポート作成)  2.0 
6 事前   【7】実習を行う施設の概要と機能に関する報告準備  2.0 
授業   【7】実習分野と対象者(クライエント)に関する基本的な理解(3)実習を行う施設の概要と機能 
事後   【7】実習を行う施設の概要と機能に関する情報の整理と課題の抽出  2.0 
7 事前   【8】『社会福祉実習要項』の事前実習に関する部分を読んでくる  2.0 
授業   【8】社会福祉実習のイメージづくりと概要の理解(7)事前実習ガイダンス
 実習先で必要とされる相談援助の知識と技術に関する理解(1)実習日誌の書き方と電話の仕方 (2)実習におけるプライバシー保護と守秘義務 
事後   【8】事前実習に向けての準備  2.0 
8 事前   【9】外部講師講話から得たことの言語化(レポート作成)  2.0 
授業   【9】実習先で必要とされる相談援助の知識と技術に関する理解(2)外部講師講話の振り返り
 実習分野と対象者(クライエント)に関する基本的な理解(3)実習を行う施設での関連業務の理解
 社会福祉実習のイメージづくりと概要の理解(7)事前実習の準備 
事後   【9】事前実習に向けての準備  2.0 
9 事前   【10】事前実習中の記録物の完成と整理  2.0 
授業   【10】社会福祉実習のイメージづくりと概要の理解(8)事前実習成果報告 
事後   【10】事前実習成果報告の完成・提出  2.0 
10 事前   【11】実習分野の現状と課題に関する報告準備  2.0 
授業   【11】実習分野と対象者(クライエント)に関する基本的な理解(4)実習分野の現状と課題 
事後   【11】実習計画書第一案の策定  2.0 
11 事前   【12】実習計画書第一案の完成・提出  2.0 
授業   【12】実習課題と実習計画の立案・作成(1)実習計画の立て方と実習中における事例検討の進め方 
事後   【12】実習計画立案に関わる配布資料の読み込み  2.0 
12 事前   【13】実習計画書第二案の作成  2.0 
授業   【13】実習課題と実習計画の立案・作成(2)実習計画の検討 
事後   【13】実習計画書第二案の完成・提出  2.0 
13 事前   【14】知識テストの準備  2.0 
授業   【14】 実習分野と対象者(クライエント)に関する基本的な理解(5)知識テストの実施
 社会福祉実習のイメージづくりと概要の理解(9)実習に向けてのガイダンス 
事後   【14】知識テストの復習・知識の定着  2.0 
14 事前   【15】実習計画書の完成に向けての各自準備  2.0 
授業   【15】実習課題と実習計画の立案・作成(3)実習計画の完成 
事後   【15】実習報告書最終版の完成と実習施設への持参・説明  2.0 
15 事前   【16】~【23】実習経験の振り返り・課題の抽出、スーパーバイジーとしての準備  各2.0 
授業   【16】~【23】実習期間中の帰校日および巡回訪問指導 
事後   【16】~【23】「実習総括」および「訪問指導・帰校日指導の記録」の作成  各2.0 
16 事前   【24】実習中の記録物の完成と整理  2.0 
授業   【24】ガイダンス(後期第1回) 
事後   【24】実習経験の振り返りと言語化  2.0 
17 事前   【25】実習体験の振り返りのグループワークに向けた準備  2.0 
授業   【25】社会福祉実習の状況報告(1)実習体験の振り返り① 
事後   【25】実習体験の反省・評価とその言語化  2.0 
18 事前   【26】実習体験の振り返りのグループワークに向けた準備  2.0 
授業   【26】社会福祉実習の状況報告(2)実習体験の振り返り② 
事後   【26】実習体験の反省・評価とその言語化  2.0 
19 事前   【27】実習評価表による自己評価の記入  2.0 
授業   【27】社会福祉実習の状況報告(3)実習評価表の項目を活用した振り返り 
事後   【27】実習体験の反省・評価とその言語化  2.0 
20 事前   【28】【30】【32】【34】実習評価表による自己評価の記入・完成  各2.0 
授業   【28】【30】【32】【34】実習評価表による自己評価を用いた個別指導 
事後   【28】【30】【32】【34】実習体験の反省・評価とその言語化  各2.0 
21 事前   【29】実習個別報告会 報告用レジュメと草稿の準備  2.0 
授業   【29】個別報告会の準備(クラス内発表) 
事後   【29】個別報告会での配布資料と報告原稿の作成  2.0 
22 事前   【31】個別報告会に向けての準備  2.0 
授業   【31】個別報告会(1) 
事後   【31】個別報告会における他領域の実習報告に関する気づきの言語化(レポート作成)  2.0 
23 事前   【33】個別報告会に向けての準備  2.0 
授業   【33】個別報告会(2) 
事後   【33】個別報告会における他領域の実習報告に関する気づきの言語化(レポート作成)  2.0 
24 事前   【35】個別報告会に向けての準備  2.0 
授業   【35】個別報告会(3) 
事後   【35】個別報告会における他領域の実習報告に関する気づきの言語化(レポート作成)  2.0 
25 事前   【36】個別報告会振り返り  2.0 
授業   【36】個別報告会の振り返りに関するグループワーク(ジェネリックソーシャルワークの視点の醸成)
 実習報告書に向けた検討 
事後   【36】個別報告会での報告を踏まえた実習報告書第一案の作成、提出  2.0 
26 事前   【37】実習報告会準備に向けた個別ないしグループ課題への取り組み  2.0 
授業   【37】実習報告会準備(クラス替え、役割分担等) 
事後   【37】実習報告会での各自の役割に応じた準備  2.0 
27 事前   【38】【39】【40】実習報告会準備に向けた個別ないしグループ課題への取り組み  各2.0 
授業   【38】【39】【40】実習報告会準備 
事後   【38】【39】【40】実習報告会での各自の役割に応じた準備  各2.0 
28 事前   【41】【42】【43】実習報告会準備に向けた個別ないしグループ課題への取り組み  各2.0 
授業   【41】【42】【43】実習報告会準備
個別指導 
事後   【41】【42】【43】実習報告会での各自の役割に応じた準備  各2.0 
29 事前   【44】実習報告会準備  2.0 
授業   【44】実習報告会 
事後   【44】実習報告会の振り返り  2.0 
30 事前   【45】実習報告書第二案の作成、提出  2.0 
授業   【45】実習報告書の完成に向けた個別指導 
事後   【45】実習報告書の完成  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
担当教員(横山)は保健医療、精神保健、母子福祉の分野での実践経験があり、専門はソーシャルワーク理論、精神保健福祉、家族支援、母子支援等である。これらの経験をもとにした事例検討や演習を多く取り入れて、実践的な思考を高めるように授業を展開している。 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
平常点(授業への参加態度50%,課題の提出状況40%,前期は知識評価10%、後期は実習報告書の完成度10%)により評価する。
半期で4回以上の欠席は履修放棄と見なすので注意すること。 
テキスト
参考文献
関連ページ
1. 教育研究業績  http://researchmap.jp/read0058195   
備考
教員e-mailアドレス
ty71koriあっとsgu.ac.jp 
オフィスアワー
火曜日3講目。これ以外でもメールで随時対応。研究室はA館405。 
画像
ファイル


PAGE TOP