シラバス参照

講義名 株式会社会計基礎(1) 
英文科目名 Corporate Accounting Basic 
科目ナンバー  
担当者

坂口 勝幸

科目群 専門科目 
対象学年 1年 
単位数
開講期間 後期週2回開講 
曜日・時限・教室 後期週2回開講 火曜日 4講時 D-302教室
後期週2回開講 火曜日 5講時 D-302教室



授業のねらい
 本科目は、科目「株式会社会計基礎演習」との並行履修を前提として、株式会社における一連の会計処理について取り上げ、財務諸表の作成に至る基本的な知識・技術の修得を目指す。加えて、広く実施されている簿記検定試験における2級の合格を目指し、学びの裏付けとする。 
履修者が到達すべき目標
 基礎的な簿記原理の理解を前提に、株式会社における基本的な会計処理の技術・知識を身に付け、「帳簿からの企業理解」につなげる。具体的には、
 1 中小企業経営に必要な会計処理の基礎基本を身に付け、会計情報の活用を推進する姿勢を形成する。
 2 経理業務における「会計主任者」として必要な知識・技術を身に付ける。 
授業の進め方
学修上の助言
 本科目は、科目「株式会社会計基礎演習」と連動し、講義における知識の整理および理解、演習における習熟を繰り返すことで成果を求める。加えて、広く実施されている日本商工会議所主催簿記検定試験における2級の合格を目指す。(2021年2月試験を必須とします)よって、理解度の低い分野や演習の不足に対しては、必要に応じて復習(積極的な家庭学習)が不可欠となる。 
アクティブ・ラーニングの要素の有無
なし 
ICTを活用した双方向型授業の有無
なし 
授業内容・計画
回数 授業、事前・事後学修の内容 時間
1 事前   テキストの目次・冒頭部分を読む  2.0 
授業   オリエンテーション・企業の会計に関する一連の流れの復習 
事後   復習  2.0 
2 事前   前回の確認  2.0 
授業   一般商品売買の記帳および当座資産 
事後   復習  2.0 
3 事前   前回の確認  2.0 
授業   有価証券に関する記帳 
事後   復習  2.0 
4 事前   前回の確認  2.0 
授業   棚卸資産の記帳と評価 
事後   復習  2.0 
5 事前   前回の確認  2.0 
授業   固定資産に関する記帳①(有形固定資産) 
事後   復習  2.0 
6 事前   前回の確認  2.0 
授業   固定資産に関する記帳②(無形固定資産) 
事後   復習  2.0 
7 事前   前回の確認  2.0 
授業   債務保証・引当金 
事後   復習  2.0 
8 事前   前回の確認  2.0 
授業   収益と費用・為替換算会計 
事後   復習  2.0 
9 事前   前回の確認  2.0 
授業   株式会社会計①(株式の発行) 
事後   復習  2.0 
10 事前   前回の確認  2.0 
授業   株式会社会計②(剰余金の配当等) 
事後   復習  2.0 
11 事前   前回の確認  2.0 
授業   株式会社会計③(企業結合・税務) 
事後   復習  2.0 
12 事前   前回の確認  2.0 
授業   株式会社会計④(税効果会計) 
事後   復習  2.0 
13 事前   前回の確認  2.0 
授業   進度調整-未消化の演習に取り組む 
事後   復習  2.0 
14 事前   前回の確認  2.0 
授業   連結会計①(連結会計の意義・支配獲得) 
事後   復習  2.0 
15 事前   前回の確認  2.0 
授業   連結会計②(連結会社相互間の取引) 
事後   復習  2.0 
16 事前   前回の確認  2.0 
授業   連結会計③(未実現損益の消去) 
事後   復習  2.0 
17 事前   前回の確認  2.0 
授業   進度調整 
事後   復習  2.0 
18 事前   前回の確認  2.0 
授業   本支店会計①(本支店間取引・支店間取引の記帳) 
事後   復習  2.0 
19 事前   前回の確認  2.0 
授業   本支店会計②(未処理事項の整理・財務諸表の合併) 
事後   復習  2.0 
20 事前   前回の確認  2.0 
授業   精算表の作成①(貸し倒れの処理、減価償却、有価証券の評価、経過勘定) 
事後   復習  2.0 
21 事前   前回の確認  2.0 
授業   精算表の作成②(総合演習) 
事後   復習  2.0 
22 事前   前回の確認  2.0 
授業   精算表の作成③(総合演習) 
事後   復習  2.0 
23 事前   前回の確認  2.0 
授業   財務諸表の作成①(損益計算書) 
事後   復習  2.0 
24 事前   前回の確認  2.0 
授業   財務諸表の作成②(貸借対照表) 
事後   復習  2.0 
25 事前   前回の確認  2.0 
授業   決算演習問題① 
事後   復習  2.0 
26 事前   前回の確認  2.0 
授業   決算演習問題② 
事後   復習  2.0 
27 事前   前回の確認  2.0 
授業   進度調整-未消化の演習について取り組む 
事後   復習  2.0 
28 事前   前回の確認  2.0 
授業   伝票会計 
事後   復習  2.0 
29 事前   前回の確認  2.0 
授業   総合演習問題① 
事後   復習  2.0 
30 事前   前回の確認  2.0 
授業   総合演習問題② 
事後   事後レポートの作成  2.0 
授業科目に関連する実務経験の内容とその経験を活かした授業の展開
 前職(高等学校商業科教員)で培った、科目「簿記」「財務会計」「原価計算」の指導経験や、簿記部顧問として高度な資格取得に取り組んだ経験を活かし、計画的かつ意欲的に学べるよう、教材の精選や無理の無い運営を行いたい。 
成績評価の基準と方法
課題に対するフィードバックの方法
 小テスト1回(20%)定期試験(50%)課題提出および意欲態度・出席(30%)を基本とする。 
テキスト
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. TAC株式会社 編  『合格テキスト日商簿記2級商業簿記Ver14.0』  TAC出版  978-4-8132-8557-1 
2. TAC株式会社 編  『合格トレーニング日商簿記2級商業簿記Ver.14.0』  TAC出版  978-4-8132-8565-6 
参考文献
No 著者名 書籍名 出版社 ISBN/ISSN
1. 特に指定しない       
関連ページ
備考
・本科目は、科目「株式会社会計基礎演習」「製造業会計基礎」との並行履修を原則とする。
・2021年2月実施の日商簿記検定試験2級の受験を前提としている。
・本科目の特性上、出席を重視(公欠等を除く80%以上)とする。
・講義への参加態度に問題があると判断した場合は、退室を求め、以後の講義への参加を遠慮してもらう場合があります。
・履修登録時のガイダンス、第1回目の講義には必ず出席し様々な確認を行うこと。 
教員e-mailアドレス
saka0512あっとまーくsgu.ac.jp 
オフィスアワー
図書館・研究棟4階 L410研究室 水・木曜 10:50~12:20 ☆事前連絡が望ましい   
画像
ファイル


PAGE TOP